東福寺の涅槃会-№2

こんにちは

東福寺・涅槃会のつづきです。

三門から通天橋に行きました。

tuutenro01

本堂から開山堂に至る渓谷に架けられた通天橋から見える景色は素晴しいです。

tuutenro02

 

tuutenro03

東福寺には桜の木が無い訳は…(三門のボランティアの人の説明)
将軍・足利義持が涅槃図に感嘆し、作者の画僧・吉山明兆に 『望みがあれば何でも申し出よ』と望みを問うたところ、
『財産や人爵の望みは無いが、ただ本山の衆徒が桜を愛するあまり、境内に桜木が多過ぎて恐らく近い将来には遊興の場と化すであろう、よって願わくばこれを禁じられたい』と言ったので、義持は大いに感激し、桜の木を伐らしめ、今も境内は桜の木が無いらしいのです。

禅寺(修行寺)に桜は似合わない!と言う事です。
最小限、最低限のもので生活していく、贅沢というものは煩悩、妄想…

恐るべし!禅の修行

tuutenro04

現在は紅葉の名所です。

通天橋を通って開山堂

tofukuji-kaizan01

tofukuji-kaizan02

昼前に友人のご両親と合流

友人の実家は私たちが学生時代に帝塚山でスキー、テニスのスポーツショップをしていて当時、河内の悪ガキがスキーショップの帝塚山周辺の上品なお客さん達のスキーツアーに参加して、世の中にはこんな世界があるのだと大きなカルチャーショックを受けました。
※当時みんな友人のご両親を、パパさんママさんと呼んでいました。(河内では考えられない)

当時、友人もパパさんも現役のスキー選手で、大学のスキー部の連中と一緒にスキーを超ハードに教えてもらいました。また、友人がいなくても年中ショップに行き、パパさん、ママさん、お客さんから色々な事を教わり
本当に人生観が変わりました。

15年ぶりの再会
kinenn

パパさんの話では
俺の田舎のお坊さんが東福寺で修行したんや、我が家の総本山が東福寺なんや!

東福寺に誘われた理由はそうやったんや!ちなみに我が家の総本山は永平寺です。

駅近くのオーガニックレストランで昼食をご馳走になりました。

lunch

 

学生時代の懐かしい話や昨年に行かれた北欧の4ヶ国弾丸ツアーの話

驚いたのは、パパさんは70歳までシニアスキー大会に参加し優勝し続けていた事

現在はシルバー派遣で植木の手入れをされています。
※現在も自転車で大阪市内を走り回られているそうです。

パパさんは今もスーパー爺さんでした!

Category: 

コメントを追加

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
CAPTCHA
この質問はスパムの自動送信プログラムを判別するためのものです。