プラスチックの豆知識

プラスチックとは

プラスチック(Plastic)という言葉は、ギリシャ語に語源をもつ英語「plasticity(可塑性)」からきています。プラスチックという名前が使われはじめたのは、1920年頃からと言われています。 この可塑性という言葉の意味は、力を加えると変形し、力を取り去ったあとも、その変形した状態がそのまま残る性質のことを言います。プラスチックの定義は、「人工的に合成された有機高分子物質を主原料として人工的に有用な形状に形づくられた固体である」と言われています。現在使用されているプラスチックは、ほとんどが石油から合成された高分子化合物です。

簡単に言うとプラスチックとは
「物質同士をつなぐ手を持った物質(モノマー)に、熱や圧力などを加えてたくさん手をつなくことで強靭な物質(ポリマー)になり、そこへ必要に応じてその性質を変える「添加剤」を加えてできたもの」じゃ

目次