心に響いた”春のからっ風”

こんにちは

投稿 №801

お世話になっている会社の社長に誘われてフォーク酒場に行ってきました。

search 写真は全てクリックすると大きくなります。(800×533)

一回目のライブが終わったらほとんどのお客さんが帰ったので、我々も帰ろうとしたら…

すぐ次のライブの準備が始まり帰るタイミングを逃してしまい…

まだ時間も早かったのでしかたなく、2回目のライブも聞いて帰ることにしました。

 

2回目のステージははるな愛さんに似たニューハーフのお姉さん(お兄さん?)が…

どんな歌を歌うのだろう…

 

   この歌知ってる~!!   

 

その時曲名は忘れていましたが、泉谷しげるさんの歌で歌詞はほぼ覚えている『春のからっ風』でした。

泉谷しげると言えば名曲『春夏秋冬 』が有名ですが…

私はこの歌の3番の歌詞 『言葉が たりないばかりに…』 の部分が大好きでした。 

久しぶりにく尼崎愛子さんが歌う『春のからっ風』を聞いて凄く感動しました。

 

春のからっ風 / 泉谷しげる

春のからっ風

作詞・作曲:泉谷しげる

春だというのに 北風にあおられ
街の声に せきたてられ
彼らにあわなにから 追いまくられ
さすらう気は さらさらないのに

誰が呼ぶ声に 答えるものか
望む気持ちと うらはら
今はただ すきま風を手でおさえて
今日の 生き恥をかく

何でもやります ぜいたくは言いません
頭を下げ わびを入れ
すがる気持ちで 仕事をもらい
今度こそ まじめにやるんだ

誰が呼ぶ声に 答えるものか
望む気持ちと うらはら
今はただ すきま風を手でおさえて
今日の 生き恥をかく

言葉が たりないばかりに
相手に自分を 伝えられず
分ってくれないと 回りをうらみ
自分は正しいと 逃げだす

誰が呼ぶ声に 答えるものか
望む気持ちと うらはら
今はただ すきま風を手でおさえて
今日の 生き恥をかく


 

また、彼女?(彼)のオリジナル曲『魂の欠片』もその時始めて聞いたのですが、すごく心に響きました。

 

出だしの『コンビニ弁当が、食える日は まだ、ましだと思ってる…』この歌詞で ガツンとやられました。

その後の歌詞も彼女の今までの人生が我々には想像もつかないほど壮絶だったのだろうと思わせるようで…

 

YouTubeにアップされていたので紹介します。

魂の欠片 / CARL(尼崎愛子)

歌って、歌う人によって印象が変わるものだと再認識させられました。

 

音楽や歌を聴いて昔を思い出したり
逆に昔の写真を見たときに歌や音楽が張り付いていて、まるで”しおり”ようです。

 

2013年私の人生のしおりにどんな歌が張り付くのでしょうか

マジか? マジで!? マジックだ!Showtime!!』 だったりして…

 

Category: 

コメント

心に響いた”春のからっ風”
まず題名からええやないですかぁ。

後半部分の、
「逆に昔の写真を見たときに歌や音楽が張り付いていて、まるで”しおり”ようです。」
すごい共感させられました、先輩、詩人ですね。

去年ネットで川島英伍のLPを買ったら、因幡晃のLPがおまけで付いてきました(笑)
当時を思い出しながら楽しく聞きました。

>武装ヤスキ さん
コメントありがとう。

今まで落ち込んでるときに、いろんな歌や音楽から元気をもらいました。
その歌や音楽を聞くと胸が苦しくなるときもあります。

>先輩、詩人ですね。
恥ずかしい~!

工場長さん

「春のからっ風」 懐かしいです。

「頭を下げ わびを入れ すがる気持ちで 仕事をもらい」
のところが好きというより、情け無い自分そのものような気がしたして。

尼崎愛子さん凄いですね。尼崎って名前からすると関西の人でしょうか?

工場長さんの言う「言葉たらず」は女には分からないだろうな。

>Mr.X さん
コメントありがとうございます。

>…女には分からないだろうな。
その通りです。!
我々世代は『男は黙って…』って育ったので
今の世代の人には、無口な高倉健さんのような本当の男の優しさはなかなか理解してもらえないですね。

コメントを追加

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
CAPTCHA
この質問はスパムの自動送信プログラムを判別するためのものです。