百楽壮で満中陰の法要

こんにちは

投稿 №526

社長のお父さん(会長)の満中陰の法要が奈良の百楽荘で行われました。

sato_syatyo  

謹啓

この度 亡父佐藤保儀 葬儀に際しましては ご供花や弔電を賜りましたことを
心よりお礼申し上げます。

お陰をもちまして 9月18日に満中陰法要を滞りなく相済ませることができました

茲に故人が生前に賜りましたご厚情に感謝申し上げますと共に
今後も変わらぬ ご指導ご厚誼を賜りますようお願い申し上げます

つきましては 早速拝趨親しく御礼申し上げるべき筈でございますが
略儀失礼ながら御礼の御挨拶を申し上げます

敬具

    佐藤鉄工株式会社
代表取締役・佐藤晃司

親族だけで行われたのですが、私も呼んで頂きました。 

百楽荘の近くは良く通るのですが、中に入るのは初めてです。

アプローチの道を上がって行くと長寿門がありました。

長寿門
hyakuraku_01

この長寿門は釘を使わずに建てられていて、中国の門を真似て作られたそうで貴重な門らしいです。 …地図

hyakuraku_02

満中陰の法事は橋の向こうの数奇屋造りの建物で行われした。 

hyakuraku_03

大きな部屋は、 食事部屋と祭壇部屋に分かれてありました。

hyakuraku_05

部屋の中は歴史を感じる作りで、窓からは庭が見えて落ち着いた雰囲気です。 

hyakuraku_06

隣りの部屋の中では法事の準備が始まっていました。 

hyakuraku_04

お寺さんが来られて、満中陰の法要が終わり、食事を頂きました。…(ぐるナビ

長月の献立
hyakuraku_ryo01

酒薬
hyakuraku_ryo02

 

椀物
hyakuraku_ryo03

造り
hyakuraku_ryo04

 

焼物
hyakuraku_ryo05

合肴
hyakuraku_ryo06

 

弦肴
hyakuraku_ryo07

上椀/御飯/香の物
hyakuraku_ryo08

 

果物
hyakuraku_ryo09

料理も美味しかったです。

お開きになった後は、百楽荘の庭を見学して帰りました。

 

Category: 

コメント

ご立派な処での49日法要
さぞかし亡き会長様もお喜びの事とお察し致します。
三周忌までは毎年法要がありますが
呉々もお疲れの出ませんように・・・

>会長  様
コメントありがとうございます。
会長も今頃、天国で先に旅立たれた友人たちと宴会されているでしょう。

コメントを追加

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
CAPTCHA
この質問はスパムの自動送信プログラムを判別するためのものです。