「シカゴより」メール-№5

こんにちは

シカゴの友人がまたメールをしてくれました。

シカゴから-5

お元気でしょうか。

12月25日のクリスマス以降、新年に至るまで当地ではクリスマスの余韻が残っています。
12月中頃から急激な寒さで、一時体感気温がマイナス30℃を下回る日も有りましたが、数日前から少し暖かくなり、次第に雪が解けて来ました。但しこれは一時的なもので、来月、再来月には本格的な寒さが到来しそうです。
添付は昨日夕暮れ時に撮影したマリーナシティー。各家庭の装飾からクリスマスの雰囲気が伝わってきます。

また、御社のブログに掲載戴き有難う御座います。
載せて戴いたことが契機となり、現在、当地赴任後の写真を整理しています。

添付2枚御覧戴ければ幸甚です。 これらは当地の科学産業博物館で撮影したものです。 (御参考ウェブサイト:http://www.msichicago.org/)

1.ドイツ潜水艦U-Boat U505: 第二次世界大戦中にドイツ軍で使われていたものを拿捕し、シカゴまで運び、展示しているものです。 実際見てみると、その大きさに圧倒されます。潜水艦内部見学も出来るようですが、私が行った日には大勢の人が並んでいて、残念ながら見学出来ませんでした。

2.アポロ8号指令船: 実物を見ると、船内は大変狭いように思いました。そこに3人が詰め込まれて大気圏突入、地球帰還...などと考えていると、あの時代、宇宙に行くのは想像以上に大変なことだったのだなと思いました。

以前も紹介した、マリーナシティー
na

1.ドイツ潜水艦U-Boat U505

子供の頃このU-Boat のプラモデルを作りました。

2.アポロ8号指令船

来年もアメリカの情報をよろしく!
良いお年をお迎え下さい。
それでは
Category: 

コメントを追加

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
CAPTCHA
この質問はスパムの自動送信プログラムを判別するためのものです。