アーカイブ

2008年03月30日

 

待ちに待たセ・リーグの開幕です。

熱烈なトラキチの友人がチケットを準備してくれたので京セラドームに行ってきました。

球場には阪神のユニフォームを着たトラキチがウヨウヨ。

03月22日

番組が終わってしましたが、最後に明日香方面を紹介します。

奈良市内から橿原神宮を越え明日香までに稲田の棚田があります。
もうすぐ棚田一面が菜の花で覆われるそうです。

棚田

道中イチゴ狩りができるビニールハウスがあり、このあたりのイチゴは「明日香ルビー」と言うブランド名で販売されています。

まずはじめに、明日香資料館に行きました。

写真をクリックすると写真が大きくなり、スライドショーで見ることができます。

03月20日

朱雀門の続きで奈良市内を紹介します。
近鉄奈良駅から歩いて行くと一番はじめに興福寺と五重塔が見えてきます。

もうこのあたりに来ると鹿がうろうろしています。
奈良県民にはMy鹿がいるとか、駐鹿場があるとか思っている人がいるようですが、そんな話はデタラメです。

興福寺・五重塔

このあたりから鹿がウロウロしています。
興福寺の敷地内に食事やお茶が飲める茶屋があったので入ってみました。
案内された部屋は小さな庭がある茶室で、そこで抹茶と暖かいわらび餅を食べました。
ここで使われている茶器や皿は、赤膚焼の陶器です。

小さな写真をクリックすると写真が大きくなり、スライドショーで見ることができます。

03月15日

鹿男あをによしのTV番組に出てくる所に行ってみようと2日かけて回ってきました。

気候が暖かくなったのとTVの影響で、人が多いのにびっくりしました。
TVの番組に出てくる場所が近いようになっていますが、実際はぜんぶ回ろうと思うと2日では全部回ることはできません。
今回は奈良市内1日、飛鳥地方1日に分けて行ってきました。

昨日の放送で紹介された「朱雀門」です。以前はただの野原だったのですが近年再建されています。
奈良市内からは遠いので電車の場合は近鉄線「西大寺」からなら歩いて行く事ができます。

03月11日

久しぶりの更新です。

東大阪の名所の一つ司馬遼太郎記念館を紹介します。
私も車で通り過ぎるだけで、今回初めて見学しました。(もっと早く行けば良かったです)


記念館の入り口

司馬先生のことは何冊か本を読んで知っていたのですが、この記念館で新たな発見がありました。

館内は写真撮影禁止なので紹介できませんが、庭から見た先生の書斎を写真で紹介します


自然の庭がお好きだったみたいでイングリッシュガーデンのようになってます。
2月17日が先生の命日だったので庭一杯に先生がお好きだった菜の花で一杯になっていました。

02月29日

26日~27日に福井県に出張に行くことになって、いつもは車でい行っているのですが、今回は雪のため営業部のものと二人で電車で行くことにしました。

最近は電車に乗る機会が無いので、久しぶりの「雷鳥」を見て昔と変わっていなかったので写真撮影しました。


 

大阪駅で撮影した「雷鳥」

今回仕事が終わってから大阪を出発し、お得意様と夕食を一緒にし、翌朝から会議という楽しい出張でした。

今回の夕食はお得意先の常務さんが予約して下さったお店で、日本海の海の幸を肴に美味しいお酒と一緒にいただきました。
そのとき出てきた料理ので福井県の名物「へしこ」を大根おろしと一緒に食べたのが大変美味しかったので、私たち二人とも土産に買って帰りました。

02月16日

13日~14日の東京方面の出張の新幹線から久しぶりに富士山を見ることができました。

富士山はやっぱり迫力があります。
今回は、行きも帰りも偶然にも窓側で富士山が見える方向の席だったので写真撮影ができました。


2月13日の富士山

13日は京都から彦根付近は雪が降っていたので富士山は見えないだろうと思っていたら、新幹線のアナウンスで「今日は富士山が大変美しく見えています・・・・」とアナウンスがあり、ちゃんと撮影できるか心配でしたが沢山撮影したら一枚ぐらい良い写真があるだろうと数十枚撮影した中の一枚です。

車内のあちらこちらで、カシャ、カシャと撮影する音がしていました。


2月14日の富士山

14日の帰りは天気なので、もしかしたらと思ってカメラを出して準備していたのでズームを使って撮影できました。

02月9日

年に1回地元の小学校5年生の子供達が授業で10名程度のクループに分かれ社会見学に近くの工場や会社を回ります。

弊社では、数年前からこの授業に協力しています。
今年は男子7名が来てくれました。


工場見学中の子供たち、みんな目が輝いています。

工場では見たことが無い機械や雰囲気で緊張しているのか、興味があるのかみんな真剣な表情で話を聞いてくれました。
事前に子供がケガをしないように場内の安全チェックを行い整理、整頓します。面倒ですが会社にとって良いことです。


子供たちの素朴な質問に答えるのに大変困っている社長

現場では詳しい説明ができないので、社長が会議室で子供達からの質問に答えてくれました。

ページ